随想「私の性分?」

何度もこの随想で書いていますが、私は工作が大好きです。木工もするし電子工作・電気工作もするし、必要とあらば金属加工もするし、溶接機も欲しいし、なんなら日本刀鍛錬とかもやりたいし、時間があってタダでできるんだったら(←え?...

随想「星空観望」

愛媛でのコロナ感染者が500人を超えた!と、稽古を自粛したのですが、気がつけば3500人を越してまだ伸びそうな状況で、白目をむいています。 そんな中、先週ハードオフでウィンドウショッピングをしていたところ(するような場所...

随想「表と裏」

O⭐︎MO⭐︎TE⭐︎NA⭐︎SI表無し、ならば、裏ばかり?冗談はさておき・・・ 合氣道には各技に表と裏の2種類を型として稽古します。 一般的に、技が直線的に進行し...

随想「受け2」

前回の随想で受けについて書きました。 受けが心得るべきことを書いたのですが、ちょっと詳細な内容にかたよっていたので、補足を書いておこうと思います。 そもそも受けをなぜとるのかということです。 前回、正面打ち一教の受けで背...

随想「受け」

受けについてのアドバイスってあまり聞かないのですが、大切なことだと思っています。今回は、私が受けを取るときに気をつけていること、指導するときに受けの方に説明していることを書いてみようと思います。 正面打ち一教の受けを例に...

随想「稽古着と技」

以前、こことここに、日本の着物文化に関係する随想を書きました。主に、日本の今の着物は武術武道が育まれてきた時代のものとは違っているよね・・・普段の生活で和装するなら、今時の着物は着ていられないよね・・・と、書きました。 ...

随想「某電車内での傷害・放火事件のこと」

先日ハロウィンの頃に、都会の電車内にて仮装した男が人を刺した上に電車に放火するという事件がありました。刑法犯罪や凶悪犯罪は減少の一途でありながら、時たまこういう事件が起こっては世間を騒がせます。国力衰微の一途を辿る日本に...

随想「同調と調和」

先日の随想で、ノーベル物理学賞を受賞されることとなった真鍋教授のことを取り上げました。 そこでは、「日本人は調和を重んじるが、私は調和を重んじる生き方ができないから、日本には帰りたくない」旨の発言に胸を痛めたわけですが、...

随想「頭の下に体がぶら下がっている」

今回は最近意識している姿勢に関する技言葉について書いてみたいと思います。 稽古を少し積んでくると、掴まれた時に踏ん張ることでなんとか、びくともしなくなって、よしよしと思う時期・段階があります。しかしその状態は、相手はこち...