随想「受けの存在」

合氣道では、攻撃を仕掛けておきながらまんまとやられる側(言い方がひどいw)を受け、攻撃を捌き技を実施する側を取りと言います。
攻撃する・攻撃を受けるという意味からすると逆の呼び方なので、初めのうちは混乱しがちです。(笑

さて、受けってそもそも何でしょう?わざわざ大げさでバレバレな攻撃を仕掛けてまんまと技をもらってやられて参ったとタップして、離れたかと思うと反対の手でまた同じことをして・・・おおかた格闘技・実戦の視点から考えると、まさに合氣道がヤラセにしか見えないといわれる原因であるとも言えます。

しかしまあ、私が今までの随想で述べてきたことを勘案すると、何となく意味は分かっていただけると思います。

武道の型は実戦のひな型ではありません。武術的な身体を得るとか、武の奥を求める、真理を体得するための方便であり道しるべであり公理公式です。また、「宇宙真理の武道的表現が合氣道である」という開祖のお言葉もあります。であれば、稽古における受けの役割は、取りがそれらをしっかりと踏まえた技ができているか否かを判定する、ジャッジのようなものです。
よくネットの掲示板で「受けが勝手に転がっている」という疑問に対し、「受けを取らないとケガをする。危ない。」という回答が付きますが、このジャッジの観点を説いた回答は見たことがありません。もちろん、ジャッジをして且つ転がるのは「危ないから受け身を取る」からですが、「何を以って危ないと判断するのか?」という疑問はジャッジの視点がないと理解しずらいと思います。

話変わって、合氣道ではよく取りと受けは刃物と砥石の関係で説明されます。刃物を研ぐためには刃物に合った砥石がいるという喩えです。刃物と砥石がお互いを磨きあって(切磋琢磨)上昇してゆくと・・・。ですが、私はジャッジのことを踏まえ、砥石は刃物より上物であるのが理想だと思います。つまり、受けは上位者が取るべきと思っています。よい刃物を質の悪い砥石で研ぐと用を為しません。質の悪い刃物でも、よい砥石で研ぐと想定以上の用を為します。

話戻って、技を理解するには受けとしてその感触を味わうことも大事であることは言うまでもありません。結局、受けと取りの回数はおおむね半々になります。
受けと取りが同回数ずつ技をやって受けてをする背景にはこれだけの要素が潜んでいるんです、ということに最近気づきました。

再び、話は脱線しますが、刃物を研ぐ砥石って、そのまま使い続けちゃダメなのをご存知ですか?
ずっと刃物を研いでいると、よく使う中央部分だけがへこんでしまって平面が崩れ、正しい平面で刃物を研げなくなって、刃物が歪んでしまうのです。
そこで、たまにダイヤモンド砥石やセメントブロックで砥石を「面直し」して平面を保つのです。
大工道具のカンナも使い続けていると、削る材と接触する面が崩れる(こちらは線接触が崩れて面接触となり、抵抗が増す)ので、台直しカンナというものを使って、やはりカンナを調整するのです。

話はさらに脱線して・・・、工業的に高精度の「平面」を作る場合は、1種類の砥石だけを使うと、材と砥石が同じ球面で削れて、平面になりません。しかし、材と1種類の砥石ではその球面を検知・修正できません。そこで、もう一つ砥石を用意して、それも用いて削るんです。そうすると、材と砥石1と砥石2の3つそれぞれがすべて等しく接するのは平面しかないため、高精度の平面を得られるそうです。これを「三面摺り」と言います。古くから伝わる技術です。

私はこの三面摺りは武道にも当てはまると最近考えています。
武道1種では、その歪みを検知できません。他の武道を併修するもよし、武道に限らず何かを修めるもよし・・・と。

道は山頂を目指す道。目指す山頂は同じだが、道は複数ある。よその道を見て文句をいうのは「筋」違い。たまには自分の歩む道をよその道から眺めてみるのも意味があるのでは・・・?と。